リスティング広告で1番重要な広告文の作成!士業の事務所の売上を2倍に!

グレースリーフ

こんにちは、「グレースリーフ」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

士業の事務所の売り上げを伸ばすために1番重要なことは、とにかく先生の事務所サイトに多くのお客様を集めることです。リスティング広告は士業の事務所の法律業務のネット集客にとてもマッチした有料広告でSEO対策とは逆にとても即効性のある事務所の売り上げを大きく伸ばせる広告になります。

先生がもしこれから事務所のネット集客をお考えでしたら、SEOに取り組み始めたとしても効果が出るまでに6カ月以上はかかりますので、先生の事務所のネット集客での売り上げは即効性のあるリスティング広告に頼ることになります。

わたしが経営している事務所のリスティング広告の費用対効果は、広告費に対し事務所の売り上げが5倍以上が平均の成果になります。今回のコラムでは、リスティング広告で1番重要な広告文の作成について元システムエンジニアで司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事を読むと、リスティング広告の広告文の重要性と作成方法について理解を深めることができます!

目次

広告をクリックさせるための広告文がとても重要!士業のWEBマーケティング

司法書士法人ホワイトリーガル
借金減額のページをちょっと見てみる!

今回のコラムでは、リスティング広告で1番重要な広告文の作成についてわかりやすく解説いたします。

リスティング広告の広告文の重要性【士業の事務所の売り上げを2倍に!】

まずは、リスティング広告の広告文の重要性について解説をしていきます。以下は、Google 検索で「レンタルサーバー おすすめ」というキーワードで検索したときの検索結果になります。

赤い線で囲んでいる部分が検索連動型のリスティング広告の広告文になります。

前回のコラムでお話しをしたキーワードの設定が上手くいって、先生の事務所サイトの広告がユーザーが検索した時にいろいろなキーワードで上位に表示される機会が増えたとしても、そこで表示された広告文がクリックされなければ、ユーザーが先生の事務所のランディングページに訪れることはありません。

わたしの経験でも広告文を改善することで、クリック率が上昇して結果的に仕事の受託が増えて事務所の売り上げが大きく伸びることはよくあることなんです。

以前のブログで、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化の解説をいたしました。ランディングページの改善が上手くいけば、受託が2倍になることもあり、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化は先生の事務所の売り上げに直結する重要な施策だというお話しもいたしました。

その中で、「PASONAの法則」や「キャッチコピー」といったランディングページの受託率を改善する施策についての解説もいたしました。

しかし、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、先生の事務所サイトに訪問したユーザーからお問い合わせに繋げる施策ですので、先生の事務所のランディングページに訪問してくれないことには、LPOの施策の意味がありません。

検索連動型のリスティング広告を出稿して、ユーザーが検索した結果、検索サイトの上位に事務所の広告が表示されても、その広告文がクリックされなければ、先生の事務所のランディングページにユーザーを誘導できませんので、とても重要になってくるのが、ユーザーが検索した画面に表示される「広告文」をどのように作成するかということになります!

そして、この広告文に関しては当社がリスティング広告を扱っていて思うことですが、キーワードの選定やキーワードの入札戦略を含めて、たくさんあるリスティング広告の設定の中でも1番重要だといっても過言ではありません。

また、広告文のクリック率が高くなると多くのユーザーを事務所のランディングページに誘導できるというメリットだけではなく、以前のブログでも解説したそれぞれのキーワードの品質スコアにもプラスに影響いたしますので、検索キーワードの入札単価が下がる可能性があるといったメリットもあります。

リスティング広告の広告文の作成方法【士業の事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、リスティング広告の広告文の作成方法について解説をしていきます。まず、広告文の基本的な考え方はユーザーの検索は質問であり、広告文はその回答であるという考え方で作成していきます。

ユーザーが「離婚 弁護士」というキーワードで検索した場合に、そのユーザーがどんな回答を望んでいるかを考えて広告文を作成いたします。

上記の画像で「レンタルサーバー おすすめ」で検索したケースで上位表示されたリスティング広告を参考までに載せさせていただきましたが、青い大きな文字で書かれている部分を「広告見出し」といい全角で15文字以内の文章を原則2つ組み合わせて表示されます。その下が「説明文」で全角45文字の文章を原則2つ組み合わせて表示されます。

この広告文のことを拡張テキスト広告と呼び、なぜ拡張テキストというのかは、以前の広告文より文字数や見出しや説明文の数が拡張されたことで、この名前が付いています。

リスティング広告では、この拡張テキスト広告のように配列や説明文を最初から決めて作成する広告文以外に、レスポンシブ検索広告といって、複数の見出しと説明文を用意しておくと、Google広告側で自動的に組み合わせて、クリック率がいい組み合わせを自動で生成する広告文の表示方法があります。

基本的に法律業務は、提供するサービス自体が決まっているので、拡張テキスト広告で作成した広告文の方が安定したクリック率になる傾向があります。ただし、取り扱い業務の内容によってレスポンシブ検索広告で広告文を作成した方が成果が期待できそうであれば、レスポンシブ検索広告の設定も試してみる必要があります。

ユーザーにクリックされやすい魅力的な広告文の作成方法は、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化で、たくさんのユーザーを問い合わせに繋げるキャッチコピーなどの解説をいたしましたが、その方法を応用して広告文を作成したいただきたいと思います。

リスティング広告の広告文は、ミニランディングページだという考え方で作成していけば、魅力的な広告文が作成できると思います。また、LPOでも解説いたしましたが広告文には先生の事務所に依頼した場合のベネフィットを入れることはもちろんですが、実績などに関しては、多くの借金問題を解決しましたという書き方よりも2300件の借金問題を解決をしました!といった具体的な数字を広告文の中に入れることが効果的です。

リスティング広告の広告文に関しては、クリック率が改善されると先生の事務所の売り上げに直接影響いたしますので、いろいろと試してみてクリック率が高い広告文を表示するようにしましょう。

キーワードの選定やキーワードの入札戦略と同様に、広告文についてもある程度先生ご自身で広告文の作成のノウハウを理解した上で広告代理店と二人三脚でクリック率の高い広告文を作成していきましょう。

この記事の内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、このサイトのお問い合わせフォームからお気軽にご質問ください。

わたしの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回のコラムの「リスティング広告で1番重要な広告文の作成!士業の事務所の売上を2倍に!」のテーマの解説は以上になります。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次