士業の事務所の売り上げを2倍に!シミラーウェブで競合相手の分析調査!

グレースリーフ

こんにちは、「グレースリーフ」のコラムを執筆している久我山左近です。

士業の事務所の売り上げを2倍に!先生の事務所の取り扱い業務に対して、どんな競合相手がいるのかは事務所のネット集客において、とても重要な情報になります。

前回のコラムでは、3C分析の実践編として1つ目のCであるカスタマー「Customer」についての市場調査と顧客ニーズついて実際に分析調査する方法を解説いたしました。

今回のコラムでは、3C分析の実践編として2つ目のCであるコンペティター「Competitor」、競合相手についての分析調査の方法を解説いたします。

先生の事務所の競合相手のランディングページには、価格設定をはじめ、相談料、着手金の有無など、ネット集客についての有益な情報がたくさん詰まっていますので、細かく分析調査して、ご自身の事務所サイトやランディングページの制作または改善するために有効活用いたしましょう。

今回の記事を読むと、士業のWEBマーケティングにおいて、コンペティター「Competitor」である競合相手の分析調査方法が理解できます!

目次

3C分析の競合相手の調査でLPを改善しよう!士業のWEBマーケティング!

司法書士法人ホワイトリーガル
借金減額のページをちょっと見てみる!

前回のコラムで、3C分析の実践編として、カスタマー「Customer」である市場規模や顧客ニーズの実際の分析調査の方法について解説をいたしました。今回のコラムは、3C分析のうちの2つ目のCであるコンペティター「Competitor」競合相手についての分析調査方法をご紹介いたします。

先生の事務所のコンペティター「Competitor」競合相手のランディングページには、価格設定をはじめ、相談料、着手金の有無など、ネット集客についての有益な情報がたくさん詰まっていますので、細かく分析調査して、ご自身の事務所サイトやランディングページの制作または改善するために有効活用しましょう。

それでは、今回のブログは、以前のブログで解説をした3C分析のうちの2番目のCであるコンペティター「Competitor」競合相手についての分析調査方法をご紹介いたします。

シミラーウェブを使用した競合相手の分析調査

コンペティター「Competitor」競合相手の分析調査方法にはたくさんの種類がありますが、今回は無料サービスで利用できるシミラーウェブを使用した競合相手の分析調査をする方法から解説いたします。

シミラーウェブはイスラエルの企業が開発したツールで、調べたいサイトのURLを入力するだけで、そのサイトへのアクセス数や流入キーワードなど、競合サイトの情報を確認することができるとても便利なツールです。

シミラーウェブには無料版と有料のプロ版の2種類がありますが、無料版でも十分に有益な情報を得ることができますので、最初は無料版で競合相手の分析調査をしてみましょう。

それでは、実際にシミラーウェブの使い方について解説をしていきます。

シミラーウェブの使い方は非常に簡単で、まずシミラーウェブのサイトにアクセスいたします。

以下の画像が、シミラーウェブのトップページになります。

そして左側にある窓に調べたいサイトのURLを入力して、出てくるサイトをクリックするだけで完了です。

シミラーウェブで検索すると、まず1番上に検索したサイトの関連情報が表示されます。

その下に、検索したサイトのアクセス数のランキングが表示され、さらに、その下にトラフィック概要として過去6か月間のアクセス数が表示され、さらに直近1か月の合計訪問者数と平均滞在時間、直帰率などが表示されます。

次がトラフィックソースで、調査しているサイトにアクセスした流入経路が確認できます。そして、その下にはそれぞれの流入経路について詳細な情報を確認することができます。

さらに下にスクロールすると、オーディエンスの興味として、他に訪問したウェブサイトが表示されていますので、表示されたサイトは細かく内容を確認してください。

最後が、競合および類似サイトの表示で、それぞれのサイト構成やコンテンツから競合相手にあたるサイトを分析調査することができます。

シミラーウェブを使用すれば、今まで認識していなかった競合サイトを発見することができますし、競合サイトが出稿している広告やキーワードについても分析調査することができます。

とにかく1度、先生の事務所の競合相手をシミラーウェブで分析調査してみると、どのようなデータを見ることができるのかがわかりますので、ぜひ実際にシミラーウェブで競合相手を分析調査をしてみましょう!

さて、シミラーウェブを使っての競合相手の分析調査について、理解できましたでしょうか。シミラーウェブは無料なのに競合サイトの詳細な情報が手に入ることはとても凄いことですね。

各種検索エンジンを使用した競合相手の分析調査

次は、2つ目の分析調査方法である、GoogleやYahooといった検索エンジンを使用しての競合相手を調査する方法を解説いたします。

今後先生ご自身の事務所で取り扱っていく業務で調査したいキーワードを、上記の検索エンジンに入力して検索をしてみると、いろいろな競合相手のリスティング広告のランディングページが表示されることになります。

前回のキーワードプランナーの解説でもお話しさせていただきましたが、クリック単価が高いということは、競合性が高いということなので、クリック単価も加味して分析調査をしていきましょう。

それでは、リスティング広告が検索結果に表示された競合相手のランディングページを細かく見ていきましょう。

表示された競合相手のサイトが、事務所の総合サイトなのか、細かくユーザーを誘導するために作成されたランディングページなのかを判断いたします。

その検索ワードにあわせた専用のランディングページが多く表示された場合には、それだけ競合相手は集客について綿密な戦略を用いていますので、手強い競合相手だと推測されます。

競合相手のランディングページには、価格設定をはじめ、相談料、着手金の有無など集客についての有益な情報がたくさん詰まっていますので、細かく分析調査することで、ご自身のランディングページを制作または修正するために有効活用しましょう。

コンペティター「Competitor」、競合相手を調べるには、様々な方法がありますが、シミラーウェブと各種検索エンジンを使えば、ご自身の事務所が想定していく競合相手がどれくらいの数で、どれくらいの強敵なのかを、問題ないレベルで調査することができます。

競合相手の分析調査結果の活用方法

前回のブログでの「相続 相談」を例に挙げれば、各種検索エンジンで検索すると、かなり大手の事務所の専用のランディングページが表示されることから競合相手はかなり強敵だといえると判断できます。

また、それぞれのランディングページもかなりしっかりと作りこまれています。さすがに大手企業のランディングページと比べてしまうとかなりレベルが低いですが、法律サービスとしてはよくできたランディングページを使用してリスティング広告を運用しています。

そうした大手の事務所のランディングページの内容は、先生の事務所サイトやリスティング広告用のランディングページの改善に大いに参考にすることができます。

前回のブログの3C分析の実践編のカスタマー「Customer」市場規模や顧客ニーズの分析調査と、今回のブログの3C分析のCであるコンペティター「Competitor」競合相手についての分析調査を考慮すると、先生の事務所のネット集客について確実な成果を出すための企業努力もクリアに見えてきます。

これで、3C分析の実践編のコンペティター「Competitor」競合相手についての分析調査の方法を解説いたしました。

今回の記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、今回のコラムの「士業の事務所の売り上げを2倍に!シミラーウェブで競合相手の分析調査!」のテーマの解説は以上になります。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次