SEO内部施策はキーワード選定が重要!サービスや商品の売上の安定に!

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです♥

会社の売り上げを伸ばすために1番重要なことは、とにかく会社のWEBサイトに多くのお客様を集めることです。

前回のブログでは、SEO「Search Engine Optimaization」の施策の1つである非常に効果が高いと言われているSEOの外部施策について解説をいたしました。

それでは、ご自身のWEBサイトの検索順位を上げるためのSEOのもう1つの施策である内部施策とはどのようなものなのでしょうか?

今回のブログは、SEO「Search Engine Optimaization」のもう1つの施策であるの内部施策の前提となるSEOのキーワード選定について解説をいたします。

今回のブログを読むと、SEO「Search Engine Optimaization」の施策のもう1つの施策である内部施策のキーワード選定についての正しい知識を理解することができますので、ぜひ読んでください!

SEOの内部施策にはキーワードの選定が重要です!女性のWEBマーケティング

わたしの会社であるグレースリーフは、女性起業家様向けのWEBサイトの制作、ECサイトの制作、ブログ立ち上げサポート、ネット集客や商品販売のための広告運用など、丁寧で手厚いサポートが自慢の会社です。

◆今回のブログの内容について◆

  1. SEOのキーワード選定とは?
     
  2. わかりやすく例を挙げて解説!

SEOのキーワード選定とは?【サービスや商品の売り上げの安定に!】

前回のブログでは SEO「Search Engine Optimaization」の施策の1つである非常に効果が高いと言われている外部施策について解説をいたしました。

今回のブログは、SEO「Search Engine Optimaization」のもう1つ施策である内部施策を進める上で重要になるキーワードの選定について解説をいたします。

まず、SEOのキーワード選定とは、これからご自身のWEBサイトをGoogleやYahooなどの検索サイトの検索結果にどんなキーワードで上位表示したいのかを選定する作業のことをSEOのキーワード選定といいます。

SEOの内部施策の前提となるキーワード選定については、ユーザーの検索意図を把握することが必要になります。

では、このユーザーの検索意図を把握するということが、どのような意味なのでしょうか?

例えば、「ミサンガ」というキーワードでユーザーが検索した時の検索結果を考えてみましょう。

検索結果の画面を見ますと、SEOで表示される自然検索の部分には、「ミサンガの作り方」「ミサンガとは?」といった情報提供のサイトが表示されます。

要するに、「ミサンガ」というキーワードで検索をしているユーザーはミサンガの作り方やミサンガが何かについての有益な情報が欲しいとGoogleは考えていることになりますので、「ミサンガ」いうキーワードでSEOの上位表示を狙うのであればミサンガに関しての情報をわかりやすく提供しているページが上位表示される可能性があることが予想されます。

これが、ユーザーの検索意図を把握するということの基本的な考え方になります。

また、検索するキーワードごとにGoogleが求めている情報が違いますので、SEOで上位表示をしたいキーワードごとにGoogleの求めている内容に沿ったサイトを作成する必要があります。

ただ、一般的には1つの単語だけの「ウォーターサーバー」「ノートパソコン」といったビッグワードでの上位表示は現在では難しいので、「ウォーターサーバー 比較」「ノートパソコン 価格」といった2つ以上の単語を掛け合わせたキーワードで上位表示を狙っていくのが現在の一般的なSEOの考え方になります。

このキーワードの単語の掛け合わせを調べるためには実際に検索エンジンで、想像できるキーワードで検索をしたり、前回ご紹介したSEOツールの「ラッコキーワード」でサジェストを調べていくことになります。

そして、ご自身でSEOをしていきたいキーワードが決まりましたら実際にどれぐらいの検索ボリュームがあるかを「キーワードプランナー」で調べていきます。

キーワードプランナーで調べることで、ご自身が考えたSEOのために選定したキーワードがGoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果で上位表示市し易いのか難しいのかといった情報までわかりますので、その情報をもとに上位表示したいキーワードの記事タイトルやコンテンツを決めていくことになります。

ここまでが、SEOの内部対策の前提となるSEOのキーワード選定という作業になります。

わかりやすく例を挙げて解説! 【サービスや商品の売り上げの安定に!】

では、実際に手作り商品の販売のWEBサイトのケースで、SEOの内部施策の前提となるキーワード選定を一緒に考えてみましょう。

今回は手作り商品の販売のWEBサイトなので、取り扱っている商品の「手作り アクセサリー」「ハンドメイド アクセサリー」「手作り ピアス」「ハンドメイド ピアス」「手作り イヤリング」「ハンドメイド イヤリング」といった取り扱い商品に関係したキーワードで上位表示を目指していくことがSEOのキーワード選定ということになります。

というの基本的なSEOの考え方なのですが、ご自身にとっては実際にどうやって選定したキーワードを使ってSEOをしていくのかが1番興味があるところだと思います。

それでは、上記の手作り商品のWEBサイトについて例を挙げて説明していきますと、「手作り アクセサリー」というキーワードでGoogle検索で上位表示を狙った場合には、「手軽に楽しめる簡単な手作りアクセサリーの作り方」といった記事タイトルで内容の充実した記事を書くことになります。こうした記事を書くことで、ユーザーが「手作り アクセサリー」とGoogle検索などの検索エンジンで検索した時にご自身のWEBサイトを上位表示させるというのが実際のSEOのやり方になります。

どうでしょうか?SEOのキーワード選定から実際のSEOのやり方までをイメージできましたでしょうか。

また、ユーザーが検索するキーワードの意図には、大きく分けると5種類になります。

まず1番目が、特定のサイトを探す意図(楽天市場、amazonなど)

次の2番目は、そこに行きたいという意図(ネイルサロン、渋谷駅など)

そして3番目が、知りたいという意図(テレビの配線、お天気など)

次の4番目が、やってみたいという意図(ダイビング、ゴルフなど)

最後の5番目が、購入したいという意図(有機野菜、通販など)

ご自身の会社のWEBサイトのサービスや商品は、そのどれかの検索意図に当てはまっていると思います。

そして、ご自身のWEBサイトのサービスや商品で上位表示を考えたキーワードに関しては実際に検索エンジンで検索をしてみましょう!

検索結果に上位表示されているのがどのようなサイトなのかを確かめて、Googleがどういう意図で上位表示をさせているかを考えてみることがとても大切なことになります。

とりあえず、頭に入れておきたいことは、ユーザーが検索する「キーワードは質問」で、「ウェブサイトはその回答」だということです。

Googleが求めているサイトは、ユーザーの質問を満足させるような回答を持つ良質なコンテンツのWEBサイトだということがGoogleの基本的な考え方になります。

ご自身がいろいろなハンドメイド商品の販売を考えてWEBサイトを作成しても、そのままだと検索エンジンからのユーザーはご自身のWEBサイトを見に来てはくれません。

作成したハンドメイド商品の売り上げを伸ばすために1番重要なことは、とにかくご自身のWEBサイトに多くのお客様を集めることです。

そのためにも、SEO対策としていろいろなハンドメイド商品の作り方を記事などにして、作り方の記事を読みに来たユーザーをご自身の商品販売のWEBサイトにネット集客することがSEOの狙いということになります。

ここまでで、SEO内部施策はキーワード選定が重要!サービスや商品の売上の安定に!について解説は以上になります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、グレースリーフのメールフォームから気兼ねなくご質問していただけたらと考えております。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、グレースリーフのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、グレースリーフの公式サイトもよろしくお願いいたします。

WEBサイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!