行政書士のネット集客で酒類販売の分析調査!事務所の売上を2倍に!

株式会社グレースリーフ

こんにちは、「株式会社グレースリーフ」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

現在ではネット集客は広告費が高騰して割に合わないと言われています。現在では下火になってしまったブログからのアフィリエイト収入ですが、それでも月に10万円程度の収入を得ているブロガーの方は主婦や副業の方でも多くいらっしゃいます。今お話ししたブロガーのアフィリエイトの単価は数百円から数千円程度ですが、士業の仕事であれば10万円以上の単価は当たり前なので、ブロガーの主婦と同じようなネット集客ができれば数千万円の年商を上げるのはとても簡単な作業になります。

税理士は税務顧問、司法書士は登記業務など、それぞれの資格によってメインとなる業務が決まっているケースもありますが、行政書士の先生の場合は業務範囲が広い反面、メインにする業務が決まっていませんので、どの業務をメインにするか、またはいくつかの業務を組み合わせて事務所運営のネット集客の戦略を決定していく必要があります。

行政書士の先生の場合は、とにかく業務範囲が広いので、ご自身が詳しい取り扱い業務からスタートして、徐々に取り扱い業務を増やしていく事務所経営が安定した経営に繋がっていくいい流れだと考えられます。

行政書士の先生は、なかなか革新的な先生が多くネットでの集客にも前向きな先生が多いと思っています。ネットでの集客は正しい方法で行えばとにかく絶大な事務所の売り上げに繋がるとても効果的な集客方法なので、ぜひチャレンジして先生の行政書士事務所の安定した売り上げを実現させたいただきたいと思います。

今回のコラムでは、行政書士事務所の取り扱い業務に酒類販売を選択した場合のネット集客の現状について元システムエンジニアで司法書士の久我山左近が詳しく解説いたします。

目次

行政書士のネット集客で酒類販売についての分析調査!WEBマーケティング!

司法書士法人ホワイトリーガル
借金減額のページをちょっと見てみる!

司法書士法人ホワイトリーガルでは司法書士資格者と行政書士資格者を募集しております。

どんな取り扱い業務を選択したとしてもネット集客で成功するための条件は先生の事務所サイトにたくさんのお客様を集めることに尽きます!

もし行政書士の先生が今後取り扱っていこうと考えている業務について、事前にネット集客のいろいろな情報がわかっていたら、それは有益な情報として今後の行政書士事務所のネット集客に活用できると思います。

今回のブログは、行政書士の業務の中で、取り扱い業務に「酒類販売」を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、酒類販売のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、酒類販売のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)などのデータについて解説をいたします。

酒類販売の市場規模と顧客ニーズの分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

酒類販売に関しては、行政書士以外の他の資格で酒類販売の許可を取り扱っている事務所はありませんので、酒類販売に関しては行政書士の独占業務ということになります。

酒類販売に関してキーワードプランナーと各種検索エンジンなどを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、酒類販売の検索ボリュームはまずまずで、酒類販売の市場規模は十分な規模だと判断ができます。また、酒類販売の顧客ニーズについてもある程度は確保されていますので、ネット集客という環境を考えても十分に可能性がある業務だと考えられます。また、酒類販売に関してはお客様から直接の問い合わせの前に、資料請求のページを作るといったツーステップマーケティングを取り入れるのも事務所への問い合わせを増やす1つの施策になります。

酒類販売の仕事の受託について、最近ではZOOMなどの遠距離のお客様から仕事の依頼を受けるインフラが整っていますが、酒類販売の場合は現地及び役所に出向く必要があるケースもありますので、先生の事務所で仕事を受託するエリアはある程度絞っておいた方が仕事の処理を考えるとやり易いと思います。また、先生の事務所のホームページの中で仕事を受託するエリアを決めないで、先生が仕事を受託できる範囲を決めて、そのエリアにネット配信することで仕事を受託するエリアをコントロールすることも可能ですので、仕事を受託するエリアは柔軟に考えておいてもいいと思います。

行政書士が取り扱う酒類販売の市場規模と顧客ニーズの分析調査は以上になります。

酒類販売の競合相手の分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

酒類販売に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手は専用のランディングページを用意している事務所もありますが、競合相手に関してはまだ弱いといってもいいと判断できますので、効率のいいランディングページを作成していくことで、現在ではまだ成果をだすことが可能な業務になります。

しかし、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

酒類販売に関しては、CPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできませんが、「酒類販売 行政書士」のキーワードで、50円150円程度で検索結果の上位表示が可能です。また、競合相手のランディングページはよくできたページもありますが、トータルで質が高いとは言えませんので法律業務のネット集客においては、まだまだ競合性の低い取り扱い業務として成果自体は出しやすいと考えられます。

ここまでが、行政書士の酒類販売の競合相手の分析調査になります。

酒類販売のSEOについての分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

どんな取り扱い業務を選択したとしてもネット集客で成功するための条件は先生の行政書士事務所サイトにたくさんのお客様を集めることに尽きます!

そのネット集客の両輪の1つがSEOになるのですが、酒類販売に関するSEO「Search Engine Optimaization」に関しては、行政書士の他の業務と比較しますと、まだ上位表示が可能なキーワードになります。それでも基本的には複数の単語を組み合わせた「ロングテールのキーワード」の上手く選択して、多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの事務所サイトへのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

酒類販売関連のSEOについては、SEOを正しく続けていれば十分な成果が期待できる業務だと考えられます。先生ご自身の事務所サイトを酒類販売関連の専門サイトにするか、酒類販売関連の専門サイトを作成するかのどちらかを選択して、コンテンツを少しずつでも充実させていくことで、徐々にですが確実にネット集客に繋がっていきます。

また現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、行政書士という専門性がSEOで評価されやすくなっていますので、その部分でも酒類販売関連のSEOについては追い風になっていると思います。

SEOでのネット集客に関しては時間がかかる施策ということで、やはり先行して始めた方が有利になるのは当たり前なことなので、今後先生がネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

酒類販売に関しての先生のWEBサイトがSEOで上位表示されれば、先生ご自身のWEBサイトから費用をかけずにネット集客することができますので、SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な資産になります。他のネット集客に成功している事務所もたくさんのネット集客の資産を所有していますので、先生も同じようにSEOは少しずつでも進めて成果を出していただきたいと思います。

また今後、酒類販売を先生の事務所の主力業務の1つに選択していくのであれば、先生の事務所サイトを酒類販売関連の専門サイトにするか、他に酒類販売関連の専門サイトを作成するか、そのどちらかの方法でSEO対策をしていく方がSEOの効果があがりやすくなります。

酒類販売関連のSEOでは、アクセス行政書士法人の大浦先生の「酒類販売業免許専門」のページが1つの取り扱い業務を専門サイトにして、さらにリスティング広告のランディングページにも活用できるとてもわかりやすい例になります。

上記のアクセス行政書士法人の大浦先生のWEBサイトが取り扱い業務を酒類販売としての本体の事務所サイトと専門サイトを制作するとてもわかりやすい例になります。

行政書士が取り扱う酒類販売関連のSEOについての分析調査は以上になります。

酒類販売のリスティング広告での分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

リスティング広告での酒類販売に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「酒類販売 行政書士」の検索キーワードで50円150円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に酒類販売関連のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。酒類販売関連のCPC「クリック単価」は他の業務と比較してもかなり安いというのが現状になります。

酒類販売の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、当社および当社の関連会社には酒類販売のデータがありませんので、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の酒類販売関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと酒類販売のリスティング広告のCPA「相談単価」はかなりいい数字まで下げることが可能だと考えられます。

リスティング広告の運用での検索キーワードの精査と広告文の最適化はしっかりと行うという前提で、酒類販売関連のリスティング広告の運用で成功する1番重要なポイントはランディングページの質にあると思います。訪問してきたユーザーの行動を意図的に促すことができる優秀なランディングページを用意することができれば、かなり競合相手に対して優位に立ってリスティング広告の運用が可能だと考えられます

行政書士が取り扱う業務で酒類販売のリスティング広告についての解説は以上になります。

酒類販売のネット集客についての可能性【事務所の売り上げを2倍に!】

行政書士の取り扱い業務としての酒類販売に関するわたしの総括になりますが、酒類販売に関しては、総合的に競合性が高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と酒類販売関連の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと考えられます。もし、久我山左近が行政書士事務所でのネット集客を考えるのであれば酒類販売は第一候補に上がる業務だと考えられます。

今までのコラムでも解説をしてきましたが、ネット集客のWEBマーケティングには、酒類販売において、先生の行政書士事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、行政書士事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の行政書士事務所サイトに多くのユーザーをネット集客するための施策の1つ目であるSEO対策については、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が行政書士事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。ぜひ、わたしが執筆しているコラムのSEO対策のパートを読んでいただき、正しいSEO対策を実践していただきたいと思います。

また、事務所サイトにユーザーをネット集客する施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、できれば先生ご自身がリスティング広告についての理解を深めていただきたと思います。

その理由については酒類販売の業務内容について理解している広告代理店は基本的に存在しませんので、先生ご自身がリスティング広告の理解を深めることで広告代理店のサポートをする方が能力的にも効率的にもずっと速いですし、リスティング広告の運用で大きな成果に繋がると考えられるからです。

酒類販売についての正しい知識がないとリスティング広告の基本的なキーワード選定が困難ですし、広告文についても十分にCTR「クリック率」が高い広告文が作成することが難しいので、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がり、CPC「クリック単価」の高騰に繋がる可能性がありますので、効率がいいリスティング広告の運用をするためにも先生ご自身がリスティング広告の知識を身につけることが大切だと思います。

そしてSEOと並んで重要なのが、先生の事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化で、酒類販売では1部を除いて競合相手のランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での先生の事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の行政書士事務所のネット集客で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

行政書士が取り扱う酒類販売のネット集客についての可能性についての解説は以上になります。

わたしの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事の内容で知りたいことやご質問がある方は、お気軽に当サイトのお問い合わせフォームからご相談やご質問してください。

ここまでで、今回のコラムの「行政書士のネット集客で酒類販売の分析調査!事務所の売上を2倍に!」のテーマの解説は以上になります。

それでは、司法書士の久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次