動画広告の特徴と配信方法の解説!会社の売り上げを2倍に!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです♥

会社の売り上げを伸ばすために1番重要なことは、とにかく会社のWEBサイトに多くのお客様を集めることです。

前回のブログでは、ディスプレイ広告の特徴と出稿についてとディスプレイ広告で1番費用対効果に優れたリマーケティング広告について解説をいたしました。

最近では、普通のバナー画像を使った広告だけではなく、動画を使った広告をよく見かけるようになりました。

動画での広告は、画像での広告に比べて豊かな表現が可能でストーリーを伝えやすく、ネット集客の高い効果が期待できます!

今回のブログは、動画広告の特徴と配信について!会社の売り上げを2倍に!というテーマで解説をしていきます。

今回のブログを読むと、動画広告の特徴と配信方法についての理解をすることができます。

これから注目の動画広告の配信について!女性起業家のWEBマーケティング

わたしの会社であるグレースリーフは、女性起業家様向けのWEBサイトの制作、ECサイトの制作、ブログ立ち上げサポート、ネット集客や商品販売のための広告運用など、丁寧で手厚いサポートが自慢の会社です。

◆今回のブログの内容について

  1. 動画広告の特徴について
     
  2. 動画広告の配信について

動画広告の特徴について【会社の売り上げアップに!】

前回のブログでは、ディスプレイ広告の特徴と出稿についてとディスプレイ広告で1番費用対効果に優れたリマーケティング広告について解説をいたしました。

今回のブログは、動画広告の特徴と配信方法の解説!会社の売り上げを2倍に!というテーマで解説をいたします。

現在では、YouTube動画を見ている時に、見ている動画の前後に入る動画による広告をよく見るようになりました。

最近では、さまざまな業種で動画広告を利用していて、本当にいろいろな動画広告をYouTube動画などで見かけるようになりました。

それでは、動画広告についての特徴を解説していきます。

動画広告は視覚と聴覚の両方から、短時間で会社で取り扱うサービスや商品をアピールすることが可能です。

情報量が限られる静止広告のテキスト広告やバナー広告とは違って、一度に大量の情報をユーザーに見せることができるので訴求効果が高くなります。

動画広告の他の広告に比べてクリック率が高い傾向にあります。その理由は、動画広告は他の広告と比較すると視認性が高く、ユーザーへの訴求効果が高いからだと言われています。

動画広告は、意外に費用対効果が高い広告です。動画広告の制作費が以前に比べると低額になったことや、表示回数や再生時間によって課金されるという完全視聴単価方式「CPVC課金」のシステムによって、広告の費用を押さえることが可能です。

例えば、YouTubeでの動画広告などは約10万円程度から制作が可能なので、また動画の開始前、途中、終了後に流れる「インストリーム広告」では、広告がスキップされたり、途中で視聴が中断された場合「もしくは30秒未満の再生の場合」は課金されないため、動画広告は低予算からでもスタートできます。

とにかく動画での広告は、バナー画像やテキストでの広告に比べて豊かな表現が可能でストーリーを伝えやすく、これからのネット集客の高い効果が期待できます!

動画広告の配信について【会社の売り上げを2倍に!】

動画広告といえばYouTubeでの広告を連想する方がほとんどだと思いますので、今回のブログでは、YouTubeのサイト上に掲載される動画広告の「TrueView広告」について解説をいたします。

動画広告についてはこれからもどんどん普及が進んでいくと思われますが、まず1番おさえておかなければならないYouTube動画での広告について解説をいたします。

それでは、Google広告の「TrueView広告」について解説を進めていきます。

Google広告の「TrueView広告」については大きく分けて3種類あります。

まずは、「バンパー広告」で6秒間、スキップできない動画広告になります。

YouTube動画を見ていれば動画の最初に流れるスキップできない広告なので、皆様もよくご存じだと思いますが、時間が6秒間の広告なので、実際に仕事の依頼に繋げるというよりは認知の拡散がメインの広告で、大手企業がブランディングや商品の認知のために使うことが多い広告になります。

次が皆様がYouTube動画で1番よく見かける広告が「インストリーム広告」になります。

見たいYouTube動画の前や途中や最後に流れるスキップできる動画で、30秒スキップされずにユーザーに見られることで課金されるシステムになっています。

インストリーム広告は見たくないユーザーはスキップいたしますので、不要な広告料が発生しないメリットがありますし、YouTubeから事務所サイトに直接誘導することも可能なので、インストリーム広告は費用対効果を考えても使いやすい動画広告だといえるでしょう。

最後が「ディスカバリー広告」で、皆様が見ようとする動画の関連動画の辺りにサムネイルが表示されていて、そのサムネイルをクリックすると動画が流れることで課金される動画広告になります。

とりあえず、動画広告に関しては「TrueView広告」のバンパー広告、インストリーム広告、ディスカバリ―広告の3つの広告の基本的な知識はおさえておきましょう。

動画広告の配信方法についてもディスプレイ広告と同じように、ユーザーと配信面という大きく分けて2つの設定ができます。

まず、ユーザーに関しては、配信時間、配信地域、性別、年齢、興味関心、世帯年収、行動履歴といった細かい設定をして動画広告をそれぞれのユーザーに配信することができます。

また、配信面に関しては、どういう内容のチャンネルに広告を出すか、直接チャンネルを指定して動画広告を配信することができます。

動画広告の配信に関しては、会社で広告に使う動画自体を作成しないければならないので、実際に動画広告を配信するにはある程度ハードルが高くなりますが、最近では動画作成の費用自体も少し抑えることができるようになってきましたし、今後いろいろな分野にも動画広告がどんどん普及してくる可能性が高いので、動画広告の動向については常に注目している必要があります。

ここまでで、動画広告の特徴と配信方法の解説!士業の事務所の売り上げを2倍に!についての解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、グレースリーフのメールフォームから気兼ねなくご質問していただけたらと考えております。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、グレースリーフのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、グレースリーフの公式サイトもよろしくお願いいたします。

WEBサイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!