ネット集客に1番有効なリスティング広告!会社の売り上げを2倍に!

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです♥

会社の売り上げを伸ばすために1番重要なことは、とにかく会社のWEBサイトに多くのお客様を集めることです。

前回のブログは、SEO「Search Engine Optimaization」の内部施策で1番有効だと言われている良質なコンテンツについて解説をいたしました。

今回のブログからは、SEO対策を離れてリスティング広告の解説に入っていきます。

リスティング広告は業種にもよりますが基本的にネット集客にとてもマッチした有料広告で、SEOとは逆にとても即効性があり会社の売り上げを大きく伸ばせる広告になります。

今回のブログでは、WEBマーケティングの有料広告の中でも1番効率がいいとされているリスティング広告の特徴について解説をいたします。

今回のブログを読むと、WEBマーケティングのリスティング広告の特徴について理解を深めることができます!

費用対効果に優れたリスティング広告の特徴!女性のWEBマーケティング

わたしの会社であるグレースリーフは、女性起業家様向けのWEBサイトの制作、ECサイトの制作、ブログ立ち上げサポート、ネット集客や商品販売のための広告運用など、丁寧で手厚いサポートが自慢の会社です。

◆今回のブログの内容について◆

  1. リスティング広告がなぜネット集客に向いているのか?
     
  2. リスティング広告の特徴について

リスティング広告がなぜネット集客に向いているのか?

前回のブログまでは、ずっとWEBサイトへのネット集客の施策としてSEOについての解説をしてきました。

SEOで会社のWEBサイトに多くのお客様を集めることができれば、無料でネット集客ができますので、それは理想的な状況だと言えますが、SEOで成果を出すにはかなりの時間がかかりますし、SEOから実際に仕事に繋げていくにはかなり多くのユーザーを会社のWEBサイトに集める必要があります。

そこで、SEOとは逆のタイプで、すぐにネット集客ができて、それほど多くのお客様を集めなくても仕事の受託に繋がる施策であるリスティング広告が会社の売り上げを大きく伸ばす最善の方法になります。

ネット集客する上で、とても即効性があり費用対効果が高いリスティング広告ですが、どのような特徴とメリットがあるのでしょうか?。

今この記事を読んでいただいている読者の皆様も、リスティング広告を普段の生活の中で目にする機会も多いと思いますが、実際に検索結果のどこに、どのように表示されているかを見てみましょう。

以下の画像は、パソコンでのGoogle検索で「ウォーターサーバー」というキーワードでの検索結果で、赤線の枠で囲まれた部分の「広告」という表示されている場所がリスティング広告の表示部分になります。

リスティング広告

Google検索でもYahoo検索でも、リスティング広告の表示エリアは検索結果の最上位になり、SEO対策によって表示されている自然検索結果より上部に表示されます。

多くの大手企業が多額な広告費をかけてまで、このエリアにリスティング広告を出稿するということは、リスティング広告の費用対効果がとても高いということを実証しています。

リスティング広告は一般的なテレビ広告や新聞広告などとは違いリスティング広告が検索サイトに表示されているだけでは広告費は発生しません。

実際にGoogleやYahooなどの検索エンジンで検索を行ったユーザーが、目にした広告をクリックすることで初めてリスティング広告の費用が発生いたします。

一般的な新聞広告やテレビ広告は、広告を掲載するときに広告費が発生しますので、この点が一般的な広告とリスティング広告の大きな違いになります。

読者の皆様が電車に乗っているときに、つり革の上に結婚式場の広告があっても、結婚の予定がない人の目には留まることはないでしょう。

しかし、実際に結婚を考えている女性にとっては、とても興味深い広告に映るものです。

このように広告はユーザーの意識の程度によって、同じ広告でも心に響く度合いは大きく違うものです。

その点、リスティング広告は自らパソコンやスマホにユーザー自身が検索ワードを打ち込むわけですから、他の広告と比較しても、最もユーザーの意識の高い広告と言ってもいいと思います。

リスティング広告は最高に意識が高いユーザーに対し、的確にピンポイントで広告が配信ができるということから、会社のサービスや商品を売るための集客においても1番お勧めできる広告といえます。

ただし、そんなリスティング広告も万能ではなくサービスや商品によって向き不向きがあります。

リスティング広告が向いていない商材について3つ説明します。

リスティング広告に向いていない商材の1つ目は、「駄菓子」「安い文房具」「百円ショップの商品」など単価の安い商品です。

リスティング広告は、ワンクリックする度に費用が発生しますので、単価が安い商材だと費用対効果という点でリスティング広告には向いていません。

リスティング広告に向いていない2つ目の商材は、小さな会社が開発したような、そもそも名前が分からないので検索されないキーワードの商材です。

ユーザーが名前がわからない商品は検索キーワードがわからないため、当たり前ですが検索自体がされませんので、リスティング広告には向いていません。

リスティング広告に向いていない3つ目の商材は、ニッチすぎる商材です。

例えるのもちょっとという気がしますが、「ドリアンパーラー」や「コウモリカフェ」など、わざわざリスティング広告をしなくても、もしこんな店舗が存在すれば自然検索で1位表示されますので、リスティング広告する必要がありません。

リスティング広告に向いている商材について4つ説明します。

リスティング広告に向いている1つ目の商材は、「水漏れ対策」「鍵の紛失」や、あまり嬉しくないことが多く「葬儀屋」「借金問題」など、緊急性が高い商材です。

現在では本当に困ったときは、まずスマホやパソコンからキーワード検索するのが最善の解決手段になります!

リスティング広告に向いている2つ目の商材は、「健康食品」「ウォーターサーバー」「エステ」などのサブスクリプションの商材です。

1つ1つの単価は低いこともありますが、定期購入で契約できるような商品はリスティング広告に向いています。

リスティング広告に向いている3つ目の商材は、「薄毛」「肥満」「脱毛」「借金」など、人に言いにくいコンプレックス商材です。

ユーザーが一人でスマホやパソコンで検索するような商材は、リスティング広告にとても向いています。

リスティング広告に向いている4つ目の商材は、「不動産」「中古車」「保険」「金融」などの単価が高額の商材です。

リスティング広告のワンクリックの単価は高くても、それに見合う高額な商材はリスティング広告に向いています。

リスティング広告の特徴について【会社の売り上げを2倍に!】

まず、リスティング広告とは「Google広告」と「Yahoo広告」の2つの広告の総称になります。

リスティング広告はPPC広告「Pay Per Click」と呼ばれることもありますが、基本的には同じだと考えていただいていいと思います。

リスティング広告については、ある程度の基本的なことはお分かりかもしれませんが、リスティング広告の特徴について解説していきます。

特徴の1つ目が基本的に「すぐにスタートができる」ということです。

SEOがはやくても3カ月から6カ月ぐらいは時間がかかるのとは真逆で、リスティング広告はアカウントの設定さえ終われば、15分ぐらいあればリスティング広告の配信をスタートさせることができるぐらい即効性が高いところが、まず1つ目のリスティング広告の特徴になります。

リスティング広告は今日広告の配信を始めて今日ネット集客をすることが可能なぐらい即効性がある広告になります。

2つ目のリスティング広告の特徴が「費用対効果がわかりやすい」ということです。

一般的なテレビ広告とか新聞広告などで、ビールの広告を1000万円かけて出したケースでも、何本のビールが売れたのかを把握することはできません!

しかし、リスティング広告は、どれくらいの広告の費用を使って何件のサービスや商品が売れたのかを正確に把握することができます。

その費用対効果を測るために、リスティング広告で使う専門用語がたくさんありますので、これはぜひ覚えていただきたいと思います。

まず、「インプレッション」という用語で、会社のサービスや商品の広告がGoogle検索やYahoo検索で何回表示されたのかの回数のことです。

ここでは仮に、会社のWEBサイトのリスティング広告が10万回表示「インプレッション」されたと仮定しましょう。

リスティング広告は、広告が表示されただけでは費用がかからずクリックされて初めて費用がかかります。

次が、クリック率「CTR、Click Through Rate」で、インプレッションに対しどれぐらいクリックされたかの率になります。

仮にクリック率を1%と仮定しますと、インプレッション10万回に対しクリック率が1%で1000回クリックされたことになります。

次が広告費「Cost」で、今回は仮に月額10万円を使用しているとしましょう。

そうすると、クリック1回当たりのクリック単価「CPC、Cost Per Click」は10万円で1000クリックなので、クリック単価は今回の例だと100円となります。

先ほども書きましたが、リスティング広告は、広告が表示されただけでは費用がかからずクリックされて初めて費用がかかります。

次にコンバージョン「Conversion」という用語がありますが、一般の会社であればサービスや商品が売れた件数がコンバージョン数になります。また、パソコン教室やエステなどで、資料請求もおこなっていれば資料請求されたことをコンバージョンとすることもできす。

そして、このケースで20件のサービスまたは商品が売れたとすれば20件のコンバージョン数になり、クリック数が1000件なので、コンバージョン率「CVR、Conversion Rate」は2%になります。

最後がコンバージョン単価「CPA、Cost Par Action」で広告費10万円をクリック数20件で割るとコンバージョン単価は5000円ということになります。

ここで、この会社のサービスまたは商品の価格が2万円だとすれば、会社の売り上げは40万円になり、広告費の10万円を差し引いても30万円の利益が出たことになります。

以上のようにリスティング広告は、いくら広告費を使っていくらの売り上げがあったのかを正確に把握できますので、費用対効果がわかりやすく、会社の収益に対しての広告の設計がしやすいというのも特徴になります。

今回のブログを1度読んだだけではリスティング広告の用語を覚えるのは難しいかもしれませんが、リスティング広告を理解していくのに必ず必要になりますので、がんばってリスティング広告の用語を覚えてください。

3つ目の特徴が、「少ない金額でリスティング広告が始められる」ということです。

月に1万円からでもリスティング広告の出稿が可能ですし、効果がなければすぐにやめることもできます。

また、費用対効果がいい場合にはすぐに予算を増やすことも可能です。

4つ目のリスティング広告の特徴が「柔軟な調整ができる」ことです。

まず、広告を出す地域や曜日、時間帯を絞ることが可能ですし、またパソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスを選択して広告を出稿するこも可能です。

また、そうした調整をすぐに対応して反映させることができるのもリスティング広告の柔軟性になります。

5つ目の特徴が、リスティング広告には「競合相手との勝負」という一面があり、広告を載せるための金額は競合とのオークションになりますし、リスティング広告では競合相手と比較されることが多いと考えておきましょう。

そして、競合相手と比較されてもご自身の会社のサービスや商品を選んでもらえるような強みさえあれば、リスティング広告はより成果が上がりやすいと考えておいた方がいいでしょう。

最後の特徴が、「運用者によって成果に違いがある」ということです。

リスティング広告の広告代理店によって強い業種がありますので、ご自身の会社のサービスや商品の広告運用をしたことがないこともあり、ご自身の会社のサービスや商品を扱ったことがあるのか、またリスティング広告で成果は出せそうなのかといったところは事前に確認をしておいた方がいいと思います。

ここまでで、ネット集客に1番有効なリスティング広告!会社の売り上げを2倍に!についての解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、グレースリーフのメールフォームから気兼ねなくご質問していただけたらと考えております。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、グレースリーフのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、グレースリーフの公式サイトもよろしくお願いいたします。

WEBサイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!